スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トンカツ屋に繁く通ってたら人生が変わった

このエントリーをはてなブックマークに追加
トンカツ屋に繁く通ってたら人生が変わった

5 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:26:14.36 ID:qZA5vYVTO
大学に進学した時、俺は地方出身だったから東京で一人暮らしを始めたんだ。

当時は東京の電車の煩雑さにも恐れを抱いていたため大学の最寄り駅に部屋を借りた。
勿論貧乏だったから三畳一間だ。




10 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:29:37.65 ID:mraUVO550
豚になった話が



11 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:30:50.33 ID:qZA5vYVTO
文学少年だったおれは、なぜか大学も行かず家で小説ばっか読んでたんだww
一人暮らしによくあるパターンだな。

そんな墜ちきった俺でも、唯一週間にしてたことがあったんだ。

それがスレタイにあるように、毎日夜にトンカツ屋に行くこと。




12 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:33:46.45 ID:qZA5vYVTO
商店街の精肉店がやってる店で、そりゃあもう安い値段だった。

料理もできない貧乏な俺は、そこで毎日、ソースカツ丼の大盛と無料のキャベツの大盛りの一食だけで餓えを凌いでた。




16 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:36:07.78 ID:qZA5vYVTO
毎日、昼頃に起きて文豪の書いた小説を読み耽り、腹が減ったらそのトンカツ屋に行き、朝までまだ読み耽るという、カスな大学生にしか出来ない自堕落な生活をしていた。



13 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:33:50.70 ID:vdWrTxCS0
よく毎晩トンカツ食えるな
どんだけ揚げ物ジャンキーなんだよ




14 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:34:10.64 ID:JijLm+Q80
デブでしょ?



21 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:39:29.35 ID:qZA5vYVTO
>>14
体質なのかわからんが、いくら食っても太らないんだ。
しかも大食いだったから食費の心配がかなりあった。
でも、金がなくてキャベツだけの日とかもあった。

半月ぐらい通ってたある日、
店で一人の女の子が声を掛けてきたんだ。
「太宰治、好きなんですか?」と。




22 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:40:33.14 ID:dSqbbus20
>>21
もしかしてお前、又吉じゃね?




26 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:45:13.80 ID:qZA5vYVTO
>>22
又吉、確か大学行ってなくね?




30 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:51:17.74 ID:dSqbbus20
>>26
いや又吉がそういうもうそう小説書いてんのかと・・・www




18 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:37:53.84 ID:Yn0W202f0
ピザならぬ、トンカツなわけですね



20 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:38:47.71 ID:z0DH37mt0
三畳の部屋って想像がつかん



23 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:44:27.69 ID:qZA5vYVTO
その女の子は家族で営んでる精肉店の娘で、週何回か手伝いをしてた。

正直、かなりの美人で、よく常連客のおっさん共がちょっかい出してた。

ちなみにボッチ常連の俺はボッチ相応に女性と話すのも苦手だったわけで、
美人だなー、と思いつつも横目で見るというような気持ちの悪い行為に勤しんでいた。




25 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:45:03.78 ID:PtjPmFzU0
食う時は本を読むな



28 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:49:57.19 ID:qZA5vYVTO

スペック


176cm
55キロ
顔は藤原達也?をなんかどんまいにした感じらしい




29 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:51:09.84 ID:MKKNSeDW0
>>28
ソロソロ太り始めるな




32 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:54:02.77 ID:+dbs3EAN0
なんか昭和っぽい匂いがしなくもない



33 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:55:53.92 ID:qZA5vYVTO

で、
話し掛けられた時、俺は太宰治の斜陽を読んでいた。

「え…ぁ……ええ、はい」とキョドりぶりを発揮し、終わった、と思った。

だけれど女の子は俺が肯定した時、顔を笑顔でいっぱいにし
「そうなんですか!私も太宰大好きなんです!」と言った。




34 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:57:24.88 ID:OsGhriJP0
>>33
こいつ人間失格だな




35 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:58:48.25 ID:549IVmwW0
普通におもろい続けて



37 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:01:24.40 ID:qZA5vYVTO
「どんな……どんな作品が好きなんですか?」

「全集を一通り読みましたけれど、一回りして人間失格が一番好きなんです。」

「皆、共感できると人気ですよね」

「そう!駄目具合がもう私とそっくりでww……あ、ごめんなさい」

その時の酔ったおっさんどもの罵声は今でもよく覚えている。




38 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:02:22.51 ID:KgjbHpDX0
なんちゅうええ娘や……



42 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:10:30.00 ID:qZA5vYVTO
それから、少女は度々話し掛けてくれるようになった。

太宰は自殺してから女に縄で入水してくれるよう頼んだんだ、彼は相当のナルシストだったからぶくぶくに膨れた惨めな姿を見せたくなかったんだよね。という自慢にもならない太宰に対する持論を、少女は目を輝かせて聞いてくれたりもした。




43 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:17:05.13 ID:qZA5vYVTO
少女の経歴を聞くと、今は高校生で大学は、俺の行きたい大学を目指してるとのこと。

一方俺は、大学をサボり続けていて、留年が早々に確定していた頃合いだった。




47 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:35:12.30 ID:MdVdGyLN0
>>43
なんだリア充になるのか…
解散




45 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:29:19.20 ID:fobgxVswO
走れロース



46 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:34:12.57 ID:zB2P6mwoO
ロースww



48 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:37:49.73 ID:6MzDyLrp0
1にはカツ丼がよく似合う



51 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:48:50.00 ID:R+XKSrez0
俺は文学良く知らんけど
「太宰は自殺してから女に縄で入水してくれるよう頼んだんだ」
これってどういう意味?




52 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:04:27.39 ID:qZA5vYVTO

>>51
入水自殺すると、水飲み込んでぶくぶくになって死ぬんだ。

だけれど、太宰は綺麗な姿で死んでいた。
つまり、太宰は入水する前から死んでたんだ。




53 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:06:37.17 ID:R+XKSrez0
なるほど、死体を水に沈めてくれって頼んだのか



55 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:12:27.70 ID:qZA5vYVTO
>>53
死体を投げ入れたら、水吸い込まないから浮いてきてしまうんだ。

だから生きてる女は太宰を自分の体に縛り付けて、川の中に飛び込んだ。




56 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:13:40.02 ID:R+XKSrez0
>>55
解説ありがとう
続けてくれ




57 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:16:19.99 ID:qZA5vYVTO
続き

いよいよ、俺の素性が気になったのか、ついにあのことばを聞かれてしまった。


「お兄さん、何をしている人なの」




58 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:18:21.23 ID:6MzDyLrp0
1はひどく赤面した



59 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:21:06.89 ID:qZA5vYVTO
「カツ丼食べながら小説を読む人だよ」
「もう!そういうことを聞いてるんじゃないわ」
「んーー?」
「お仕事よ、お仕事」
「んーーー。」
「話さないと出禁にする」
「わかった、わかった。………○○大学だよ。」
「!!、なんで言ってくれなかったの」
「……サボってるから…かな。」

ついに言ってしまった。




60 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:22:44.03 ID:s8Zc5n7x0
いつの話?



62 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:24:40.62 ID:qZA5vYVTO
>>60

随分昔の話




61 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:23:20.46 ID:qZA5vYVTO
「そう」と少女は無機質な声で返事した。

「うん」
「そっか」

その日はこれ以上居られないと思い、勘定を済ませた。




65 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:37:24.03 ID:6MzDyLrp0
必ず、かの親不孝者の1を除かなければならぬと決意した

読んでる




74 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:43:30.09 ID:qZA5vYVTO
それからしばらくの間、俺は、そのトンカツ屋に行くのを控えてたんだ。というより、なんだか行くことができなかった。

慣れない料理をする気にもなれず、毎日レトルトのカレーとパンの耳というアンバランスな食品で生き長らえてた。




77 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:46:34.16 ID:qZA5vYVTO
それを1ヶ月続けた当たりで、限界をついに感じ、その少女が手伝ってない日を狙って、トンカツ屋に出向いた。

実に1ヶ月ぶりのカツ丼、マジで美味い。マジで安い。

それから、行きだしたんだが、どうも少女が来る気配がない。




79 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:54:14.45 ID:qZA5vYVTO
もちろん、精肉店と家は繋がっているので、ちょこちょこ顔を出すはずなんだ。

再び通いはじめて、その数字が二桁になる頃、ようやく少女が現れた。

「あ、やっときた」
「お…おう」
「餓死しているのじゃないかと心配してたんだから」
「耳食ってた」
「ミミ?誰の?」
「いや、なんでもない」
「変な人。そんな変な人に朗報があるよ」
「なんだ」
「お兄ちゃんの大学無事合格して、春から通わせて頂くことになりました」

なんと、気付いたら受験シーズンも終わってたらしい。
小説の魔力とは恐ろしい。




80 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:57:10.32 ID:qZA5vYVTO
「よく受かったな。偏差値全然足りてなかったじゃないか」
「あれから猛勉強して、特待生になったの」
「」

恐ろしい子っ

「だから、春から家まで毎日朝起こしに行く。」
「おいおいマジかよ……」
「マジ。大マジ。」




81 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:58:39.07 ID:JwFRgcnm0
wktk



83 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:59:30.25 ID:qZA5vYVTO
春になった。

相変わらず俺は自堕落な生活を送ってたわけで、春から大学に行く気などさらさらなかった。

だが、外から声が聞こえた
「お兄ちゃーーん、朝だよ!!!早く準備して!!!!」




84 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:59:42.82 ID:KgjbHpDX0
なんというラノベ的展開。
小説とはかくも恐ろしきものかな。




85 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:00:12.23 ID:JwFRgcnm0
「お兄ちゃーーん、朝だよ!!!早く準備して!!!!」
「お兄ちゃーーん、朝だよ!!!早く準備して!!!!」
「お兄ちゃーーん、朝だよ!!!早く準備して!!!!」

・・・どこのギャルゲーだよww




87 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:01:04.73 ID:6MzDyLrp0
なんで家知ってんだよww



88 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:02:08.96 ID:qZA5vYVTO
その日から俺は、無理矢理大学に行かされるようになった。

勿論、少女と同じ学年、同じ学部だ。

少女は、俺が小説を読もうとすると、その小説を俺から奪い上げ「貴方が読むのはこれ」と教科書を顔に押し付けてきた。




89 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:03:15.79 ID:JwFRgcnm0
>>1は>>87をkwsk



90 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:03:49.34 ID:qZA5vYVTO
すまん、家というか、玄関前だww



結構前に、本を貸すために家まで取りにこさせたんだ。




92 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:04:13.25 ID:MSmmBfjv0
よく1年間大学サボるほど読む本があるな



93 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:05:39.73 ID:pa1MgEqx0
急激な展開に僕ちゃん着いていけそうにないwww



94 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:05:45.90 ID:qZA5vYVTO
ちょい若干補正入ってたかもしれんww

「お兄ー、ドンドン大学行くぞー、ドンドン準備しろー」みたいな感じだったわ




97 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:10:07.47 ID:qZA5vYVTO
それから、嫌嫌ながらも大学に通い、無事進学を果たして、俺の怠け癖も治っていった。

大学三年のある日、少女が突然こんなことを言った。

「なんか言うことないの?」と。

「んー強いて言うなら、付き合ってくれ、ってことぐらいかな」

こんな取留めのない会話から、少女が彼女に変わった。




98 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:10:23.58 ID:6MzDyLrp0
ドンドンwww

インターホンじゃねーのかよwww

続けたまえ




101 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:16:10.69 ID:qZA5vYVTO
>>98
貧乏な家にインターホンが機能してると思ったら大間違いだっ!




99 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:15:11.01 ID:qZA5vYVTO
んで、そこから無事交際も進め、卒業し、そこの町に近い企業に就職した。

彼女は、周りの友達が就職活動に勤しんでるのに対して、そのような活動は一切してなかった。

「就職活動しなくていいのか」
「今付き合ってる人が籍入れよう、って五月蝿いから」
「いつ言ったっけ」
「一年前先くらい」
「阿呆」




100 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:15:29.06 ID:SCi+yMHR0
ざ、雑になってきておる・・・

最初のほうは面白かったのに!wktkを返せwwwwwwww




103 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:16:56.12 ID:hInVGUG8O
スレタイみたらとんかつ食べたくなってきた



104 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:19:36.92 ID:qZA5vYVTO
「いいじゃん、私も最初の貴方の頃のような生活がしたいの!!」
「まあ、退職するのに就職活動するのも面倒だよな」
「そそ」

そんな、バカみたいな会話通りにことが進み、大学卒業すると同時に結婚し、今じゃ立派に尻に敷かれてます。




105 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:19:49.92 ID:aZeuhxUh0
太宰には遠く及ばないできだな



109 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:21:47.98 ID:qZA5vYVTO
おしまい。


実は今、息子が俺と同じ大学を目指してるからなんとなく思い出してきたんで、書かせてもらったんだ。

最後雑になったのは、なんかあのペースで書いたら長くなりそうだったから(笑)




114 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:23:07.88 ID:wtcxXgc90
>>109
へぇーじゃあ結構前の話なんだね
馴れ初めとか子供に話したりした?




122 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:27:59.21 ID:qZA5vYVTO
>>114
母さんが話そうとすると、親の恋愛事は気持ち悪いのか、耳を塞いで逃げていきます




132 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:35:34.71 ID:wtcxXgc90
>>122
ふーん、まぁ男の子だとそんなもんかもわからんねwww
ホンワカしてなんかいい馴れ初めっぽかったのでそのうち聞かせておくといいと思うよwww




110 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:21:57.51 ID:wtcxXgc90
カツ丼食べ放題じゃないか!



116 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:23:59.65 ID:z0DH37mt0
おっさん、こんな時間に…

家族のためにも働け




125 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:29:10.66 ID:qZA5vYVTO
>>116

今日は久しぶりの有休じゃわい




134 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:36:44.96 ID:Snr2dAKb0
おっさんこのスレ面白かったよ。
レス乞食が立てるスレより全然いいわ




137 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:41:05.41 ID:qZA5vYVTO
>>134
こんな駄作にすら成れない物で、何かを感じて頂けたら、幸い。




142 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:44:48.11 ID:qZA5vYVTO
書き急がなくても良かったんだが、

長編になると皆困るかなあ、と思ってさ。

長編になっても良いと期待してくれてた方には本当に申し訳ないと感じてまする。




144 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:51:22.01 ID:qZA5vYVTO
んじゃ、長居してもしょうがないのでこれにて失敬!



145 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:52:10.96 ID:6MzDyLrp0
1乙



146 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 16:53:30.35 ID:wtcxXgc90
乙でしたー



150 :名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 17:14:47.22 ID:l1YDpbee0
そしてサボりの果て、除籍され現在ニートの>>1であった。めでたしめでたし


DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/10 20:00 ] VIP | TB(0) | CM(0)

Powered by Ayapon RSS! オススメ 義援金 アメブロ自働ペタ


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dumizela.blog91.fc2.com/tb.php/597-013f47c9