スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

通学電車で見かけた女の子の話 -end-

このエントリーをはてなブックマークに追加
通学電車で見かけた女の子の話 -end-

通学電車で見かけた女の子の話の続きです。

257 : ◆rR02wWqLE. :2012/02/15(水) 14:09:41.29 ID:IE1sh9Hw0
さて、佳奈は受験生です。

ですが、どこを受けるか教えてくれません。
母も知らないようでした。
学校関係のことは佳奈は実のお父さんと相談していたようでした。

年が明け。
佳奈は高校合格。
僕の中学校は私立の中高一貫です。
佳奈はそこの高等部に合格してました。

いたずらっぽく佳奈は笑って

「4月からは学校まで一緒に行けるね!」
と言ってくれました。

僕は恥ずかしくなって、
佳奈を小突いて一緒に笑いました。




259 :名も無き被検体774号+:2012/02/15(水) 14:11:48.36 ID:rmRbildv0
>>257
かなたんマジてんす




261 :名も無き被検体774号+:2012/02/15(水) 14:12:25.71 ID:XFGf7qJL0
>>257
理想的な展開やな




263 :名も無き被検体774号+:2012/02/15(水) 14:13:27.96 ID:PU1YOdUe0
なんかうまくいってると不安になるな



264 : ◆rR02wWqLE. :2012/02/15(水) 14:14:20.25 ID:IE1sh9Hw0
佳奈は一生懸命勉強したみたいでした。
僕のためにしてくれたのかな、って思ったけど
恥ずかしくて聞けませんでした。

高校合格のお祝いに
その日の夜じゃれながら抱き合って
佳奈は触れるだけのキスをくれました。
とてもいい匂いがしました。




267 :名も無き被検体774号+:2012/02/15(水) 14:16:22.93 ID:rmRbildv0
>>264
キスはその時ぐ初めて?




269 :名も無き被検体774号+:2012/02/15(水) 14:17:07.60 ID:YPLidIvD0
>>267
もちつけw




272 : ◆rR02wWqLE. :2012/02/15(水) 14:20:58.71 ID:IE1sh9Hw0
春休みは毎日部活がありましたが、
佳奈は学校の近くまで迎えに来てくれました。
その頃になると部活仲間も慣れたもので
特に冷やかしたりもしませんでしたww

同じ学校に行けるようになった4月。
ちょっとした事件が起きます。

僕は部活の練習中に倒れました。




273 :鹿せんべい:2012/02/15(水) 14:22:21.85 ID:C7oNBx2w0
えっ?



275 :名も無き被検体774号+:2012/02/15(水) 14:24:02.12 ID:NYBtndg20
逆におまいか?



278 : ◆rR02wWqLE. :2012/02/15(水) 14:26:40.91 ID:IE1sh9Hw0
僕は中学生離れした身体能力で
プロサッカークラブのスカウトの人も
見に来てくれるようになっていました。
中学生にしては背が高く(当時で180)
競り合いに負けないほど体が強く
とにかく足も速かったので
技術はまだまだですが、評価してくれました。

プロクラブの下部組織の練習参加の打診もあった頃。

僕は腰を怪我してしまいました。
腰痛の圧迫骨折でした。




281 : ◆rR02wWqLE. :2012/02/15(水) 14:29:00.38 ID:IE1sh9Hw0
>>278
ごめんなさい。
腰椎の圧迫骨折ですww

結果すべてがなかったことに。
リハビリで残りの選手生活を棒に振りました。

僕は相当落ち込みましたが、
割と軽くて済んだのは
きっと佳奈がそばにいてくれたからだと思います。




282 :名も無き被検体774号+:2012/02/15(水) 14:32:17.03 ID:YPLidIvD0
>>281
恋っていいな




280 :名も無き被検体774号+:2012/02/15(水) 14:28:50.27 ID:sej7oaoNO
そんな長身なのにサイドバックやってたのか



283 : ◆rR02wWqLE. :2012/02/15(水) 14:33:13.56 ID:IE1sh9Hw0
>>280
入った時はそんなに背が高くなかったんです。
中2で10cmちょっと伸びました。
足が速いのでサイドバックだったんでしょうね。
僕もサイド駆け上がってクロス上げるのが好きでしたしww

佳奈は大袈裟に慰めるでもなく
いつも通りに笑ってくれました。

代わりに、母が昔使っていた
アコギを頂いて始めたのもあったかもしれない。
佳奈が好きな曲を練習して
一緒に歌ったりして楽しかったから。
サッカーに未練はあったけどw




286 :名も無き被検体774号+:2012/02/15(水) 14:35:07.42 ID:NYBtndg20
長渕『聞いてください。乾杯』



296 : ◆rR02wWqLE. :2012/02/15(水) 14:50:08.68 ID:IE1sh9Hw0
>>286
だが長渕は通っていないww
佳奈は洋楽大好きです。
佳奈のお父さんがビートルズ好きだそうで
佳奈自身もかなりのビートルズマニアでしたwww




302 :名も無き被検体774号+:2012/02/15(水) 15:24:12.43 ID:2CIYoTwg0
>>1と佳奈は結婚してるか近々結婚予定とかそんなところだろうな



390 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/15(水) 23:46:50.06 ID:IE1sh9Hw0
佳奈がビートルズで特に好きだったのは
two of usという曲でした。
アイアムサムという映画に使われてましたね。
よくふたりでハモって遊んでました。
佳奈は普段舌足らずでかわいい喋り方のくせに
歌うと雰囲気のある声になり、
初めて聞いた時はドキドキしたものです。

そんなこんなで中3の僕は
平穏に毎日を過ごしまして。

で、高校生になった佳奈ですが
年頃なのかなんなのか
残念な乳から普通な乳になり
細かった脚もふっくらして
何ともエ○い感じになったのは内緒。




392 : ◆qPRPVyCyb0.m :2012/02/15(水) 23:49:09.90 ID:QWY0zmHB0
>>1おっさん40台後半と見た



393 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/15(水) 23:50:19.66 ID:IE1sh9Hw0
>>392
ぴちぴち20代です (´・ω・`)

佳奈足太くなったね、とか言ったら
すごく怒られたのはいい思い出。

かわいくて黒髪ロングのストレートで
ほんとにきれいなんです、佳奈の髪。
化粧もしてたけど、元々すごく白くて
高等部では噂のお姫様でした。
告白も相応にされてたみたいだけど、
全部断ってたみたい。

弟も晴れて中学生になったので、
僕と弟はそれぞれ別々の部屋になりました。
改築して部屋を作ったんですね。
建て増しというか、僕は離れのような感じの
部屋に引っ越しをしたので 友達がよく遊びに来るようになった。




396 :名も無き被検体774号+:2012/02/15(水) 23:54:24.28 ID:EpMpsE7j0


かなたんは?




398 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/15(水) 23:55:52.85 ID:IE1sh9Hw0
その内の友人の一人、よしくんが
佳奈のことが好きだ、と打ち明けてきました。
佳奈に彼氏がいないのは僕づてに知っていたので。

よしくんは超絶イケメンです。
小池徹平に似てて爽やか。
バスケ部のキャプテンで 後輩の人気も絶大でした。
よしくんファンクラブがあったほどです。

一方よしくんは鬼畜野郎でした。
持ち物検査がある頃を見計らって
女教師モノのA○を嫌われてた同級生の鞄に忍ばせ
ホームルームを長引かせたりしたり
(担任が若い女性だったので微妙な空気になったのはいい思い出)
よしくんに告白してきた女の子に
授業中にも関わらずオ○ニーさせたり
撮らせたおっぱい写メを男友達に
一斉送信したり。

でもよしくんは真性の変態なだけで
イケメンで成績もよく面白いやつだったので
何故か悪い噂も流れることなく
この時僕は格差社会ってほんとなんだなと思いました。
イケメンは正義…




400 :名も無き被検体774号+:2012/02/15(水) 23:59:10.58 ID:ph7OybfC0
かなたんは俺の嫁www



402 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:02:43.86 ID:zR3569VN0
僕は超絶イケメンよしくんと
佳奈は正直お似合いだと思いました。
2人が歩いてるのを想像すると
本当にぴったりに思えたのです。

佳奈のどこがいいか、聞きました。
そこは所詮中学生。
顔がかわいいとか、スタイルがいいとか、
そんなことしか出て来ません。

まあ、違和感は拭えませんが
成り行きを見守ることにしたのです。

それから数日後。佳奈からメールが来ました。

「部屋行っていい?」

僕はただならぬ気配を感じながら、
いいよ、とだけ返信しました。






404 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:04:01.68 ID:IE1sh9Hw0
数分後、佳奈降臨。

佳奈「入るよー」

と、外から佳奈の声。
なんとなく正座で出迎えました。

佳奈「ちょwwwなぜ正座wwwww」

僕「いえいえ武士たるもの、これがデフォです」

佳奈「まあいい、>>1さ、よしくんに私のアドレス教えた?」

ん?
応援する気も邪魔もする気もない僕。
よしくんにそんな塩は送りません。

僕「いえ、勝手にそんなことしませんが」

実はよしくん、僕の携帯から勝手に
佳奈の連絡先をげとしてました。

佳奈「よしくんからメールきたんだよね、これ」

そう言って携帯を差し出す佳奈。
ふむ、確かに見覚えのあるアドレス。
イケメンはアドレスもイケメンです。

僕「えっと、明日空いてる?>>1には内緒で…だと!?」

佳奈「これって…なんだろう」

僕はすぐにピンときました。
イケメン、まじだったのね。

僕「さあ…ちょっとわからないけど」




405 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:07:08.50 ID:zR3569VN0
僕は知らないふりをしました。
そういう時、僕は首を傾げて、
後ろ髪を触る癖があります。

佳奈「>>1なんか知ってるね?」

僕「えっと…知りません」

佳奈が僕の手をがしっと掴みました。
テレビを見ているふりをしながらだったので
突然の佳奈の行動にびっくりして

僕「ふぇっ」

変な声を出してしまいますた。




406 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 00:07:55.55 ID:QcKQRF9g0
パンツ地中海へ旅行いった



407 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:08:10.77 ID:zR3569VN0
佳奈「ほれ、言うてみよ」

ですが、ここで言っては
男の友情が成り立ちません。

僕「なんか相談したいことがあるとか…言ってたかな」
などと曖昧なことを言ってしまいました。

ふーん、わかったなどと言って出て行く佳奈。
その夜は正直気が気でなく眠れませんでした。

付き合ってはないけど、
佳奈とは数回キスをしていたし
じゃれあったり抱き合ったりも、
まあふざけてる延長でしてました。




409 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:09:17.18 ID:zR3569VN0
とりあえず、超絶イケメンに佳奈を取られるのは
非常に耐え難いことなのは明白でした。

ですが何もできない厨房の僕。
成り行きを見守ることにしました。

翌日。

案の定、イケメンは佳奈に告白しました。
しかも学校内で。佳奈は即お断りしたそうです。
高等部にも密かなファンがいるほどのイケメンです。
噂が回るのは時間がかかりませんでした。
後はわかるな?

よしくんはこともあろうに
佳奈がビッチだとかおっさん趣味だとか
円光してるとか噂を流したようです。
民主主義とは残酷なものです。多数が正義。
後は…わかるな?




413 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 00:11:51.77 ID:39mWumv10
>>409
うわぁ…クズじゃんそいつ…




412 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 00:11:43.62 ID:oTRVhz0+0
よしくん最低やん



417 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:15:00.54 ID:zR3569VN0
明るかった佳奈は
僕と出会った頃のように
内側に篭るようになって行きました。
家族といる時は明るく振る舞い、
部屋で一人で泣いている、
そんな佳奈をよく見ました。

これが僕が中3の夏~冬にかけての出来事です。

そしてクリスマスイブの夜。

噂は聞いていたし、佳奈の様子も心配でしたが、
きっかけもなしに動けるほと僕はヒーローではありません。

冬休みに入り、やっと佳奈と2人で話せる。
僕は照準をクリスマスに合わせていました。




418 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 00:16:00.21 ID:QcKQRF9g0
俺の佳奈がビッチ扱い・・・orz



420 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:17:14.47 ID:zR3569VN0
例の事件があってからよしくんはじめ友達は
僕の部屋にはこなくなっていました。

家族でクリスマスらしい団欒を終えた後、
佳奈を僕の部屋に呼び出すことにしました。

僕「よう」

佳奈「よ」

佳奈は部屋着姿でやってきました。
僕に袋を差し出します。

佳奈「これ」

僕「くれんの?…ありがと」

袋の中にはマフラーが入っていました。

佳奈「あんまりうまく編めなかったけど…」

僕「いやいやすごい嬉しい!毎日巻きます」

僕は代わりに、小さな箱を佳奈に渡しました。

中身は小さなスノードーム。
何あげていいかわからなかったので
僕の趣味で選びました。

佳奈「何これかわいいwww乙女かwww」

僕「いやなら返せ」

佳奈「だめwww一生大事にするwww」




423 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 00:21:16.03 ID:oTRVhz0+0
結婚しちゃえよ



424 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 00:21:25.89 ID:X8xAPR3Z0
おれなら夏でも巻くけどなそのマフラー



426 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:31:52.66 ID:zR3569VN0
喜ぶ佳奈を見ているとこれでよかったのかな、と思いました。

僕「最近どうっすか」

佳奈「まあ普通だけど」

僕「おっぱいでかくなったんじゃねwwwwwwwww

何カップですかwwwwwwwww」

おそらくスレを見てくれている男性陣の
最も気になっているであろうデリケートなことを
なるべく下世話に聞いてみました。

佳奈「Dだけど。そんなことより還れ、土に」

僕「すいませんでした」




428 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 00:33:34.94 ID:Mnr0swKh0
Dカプだとっ!



427 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:33:00.25 ID:zR3569VN0
とはいえ、佳奈は少し痩せたみたいでした。

僕「高校はどう?楽しい?」

少し黙って、困ったように笑いながら

佳奈「…うん、まあまあかな」
と、小さな声で答えました。
僕は真面目な顔で言いました。

僕「嘘つくなよ。前みたいに笑わなくなった。 無理してるのも知ってる」

そう言うと佳奈は
手に持っていたスノードームの箱を握りながら
俯いて泣き始めました。




429 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:34:18.91 ID:zR3569VN0
僕はいつかのように抱き寄せて頭をぽんぽんしました。
やっぱりいい匂いがしました。

僕「僕は佳奈のこと知ってるし、信じてる。
何もできなくて、ごめん。
大丈夫だから、ね?大丈夫」

何が大丈夫なのかわかりませんが、
言葉というのは不思議なもので
口にすると本当に大丈夫な気がしました。
そうして、しばらく佳奈を慰めました。




432 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 00:35:37.55 ID:6e0lw/XF0
ほぉ…ははっ!見ろぉ!パンツがゴミのようだ!!



434 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 00:36:16.40 ID:nIedE6ac0
J・S・バッハ作曲 カンタータ「土に還れ」



442 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:42:08.51 ID:zR3569VN0
少しして佳奈は泣き止みました。

赤い目で僕のほうを上目遣いで睨み、

うへっwwwwと変な笑い方をして

佳奈からキスをくれました。

いつもより、長いキスでした。




447 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:49:16.07 ID:zR3569VN0
僕には永遠のように感じた時間でした。
佳奈の髪の毛が僕の手に当たってくすぐったかった。

佳奈「>>1が優しくするから、これは仕返しです」

僕「仕返し?」

佳奈「はう…お返…し?//」

僕はどきがむねむねしてはちきれそうです。
不覚にも、あんまりにもかわいいので勃起しました。

僕「好き…だよ」

そういうのが精一杯でした。

佳奈は大きく深呼吸をして、言いました。

「やっぱり…無理、かな」




449 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 00:51:05.59 ID:+/EHNv1W0
無理、かな?だと?



450 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:51:32.75 ID:zR3569VN0
佳奈はそう言うと立ち上がりました。
涙をパーカーの袖で拭って
僕になすりつけてきました。

やめろし、と言いながらも
僕はふられたのかと思って
過去最大級に焦りました。




452 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 00:53:03.29 ID:BbEjoDun0
いつでも~さっがしているよ~
どっかにきみのすがたを~

ザキヤマまさよしを聞いている




453 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 00:55:24.63 ID:zR3569VN0
僕はどうせふられるなら同じこと、と
勇気を振り絞って聞きました。

僕「無理、って…?」

佳奈は僕に背を向けたまま
首を大きく振りました。
ツインテールがぶんぶんしたので
よく覚えております。

佳奈「>>1は鈍感だからwwwww」

僕「えっ」

急に振り向いてキスされました。

佳奈「好きじゃなかったら、こういうのしないでしょ?」




460 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 00:59:47.58 ID:rcdUE/6y0
>>453
くそっ!!キュンがむねむねしやがるぜ!!!




471 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 01:07:15.74 ID:zR3569VN0
それから、また佳奈は僕の隣に座って
腕を組んで甘えて来ました。
いつもみたいにじゃれ合う。

「「ねぇ」」

見事にハモりました。
佳奈がどーぞどーぞというので

僕は佳奈の前に立ち、正座しました。

正座多いですね僕…




461 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:02:13.41 ID:8psbCHYs0
青春だなぁ



463 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 01:03:03.19 ID:zR3569VN0
佳奈「本当は私も>>1が好き。
ずっと好きだった。
でも家族みたいになっちゃったし、
これで>>1には言えないで終わるのかなって。
誰にも頼らずに、一人で生きていくつもりだった。
でも>>1が優しいから…
好きだって言ったら家族でいられなくなる。
そう思って、今まで言わずに来たんだよ。
でも、もう無理、ってこと」




469 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:05:24.16 ID:6e0lw/XF0
>>463うぅ・・・む、胸がくるしぃぉ



476 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 01:10:06.80 ID:zR3569VN0
僕「佳奈が好き。一目惚れだった。
僕の話をきいてくれて、一緒にいて、
メールのやり取りもして本当に楽しかった。
今は一目惚れだけじゃないって言える。
僕と付き合ってください」

佳奈は無言で頷いて、またキスをくれました。




477 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:11:02.42 ID:6mRC1V0q0
f5壊れる
はよ
はよ




484 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 01:14:41.01 ID:zR3569VN0
その後2年待った!と猫パンチされました (´・ω・`)
理不尽に感じたけどまあいいや、ってことで。

その日は2人で夜中まで話しました。
眠い、と佳奈が言うので帰る?と聞くと

「やだ…>>1と寝る…」

と…

なん…だと…!?




486 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:15:16.37 ID:pjuadKmz0
濡れ場キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!



490 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:16:15.09 ID:sN2nyQCy0
小池里奈で再生してるお

densha01.jpg


493 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:18:03.18 ID:mstITtVZ0
早くしてくれ、雪国は寒いんだ。



494 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:18:15.89 ID:kjeldt0q0
僕が動揺をしていると、佳奈は不意に何かを思い出したように、
ゴソゴソと持ってきたカバンの中を探し始めました。
そして、「あった」と言うや否や、それを両手で持って、
僕の腹に慢心の力で叩きつけました。
それは、前の夜、母が鶏肉を切っていた包丁でした。




495 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:18:56.60 ID:fabBm+n/0
>>494
お前かよwwwww




498 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:19:15.72 ID:+/EHNv1W0
>>494
またお前かwww




499 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 01:19:54.07 ID:zR3569VN0
僕「いやいやいやいや…ねぇ?wwwwwwww」

焦りました。パンツはメルトダウン寸前でした。
が、付き合ってその日にセクロスとか
エ○ゲでしか知りません。
やったことないけど。

でも、濡れた瞳で見つめてくる佳奈…

うぅ…




503 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:21:26.04 ID:pjuadKmz0
ゴクリ...



511 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 01:31:07.26 ID:zR3569VN0
結局、佳奈に負けてその日は一緒に寝ました。
シングルベッドだから狭かった (´・ω・`)

でも眠ってる佳奈は可愛くて、マジ天使。
明日起きたら全部夢だったりして…
なんて思いながら寝ました。

ちょっと離れて寝てたら佳奈が

「>>1さむいよ…」

って僕の腕を抱えてくっついてきました。

いやいや佳奈さんおっぱい当たってます!
殺す気!




514 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:32:00.94 ID:5jgeMxBw0
かーちゃんの反応とか気になる



522 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 01:41:08.81 ID:zR3569VN0
次の日、お母さんに怒られました。
夜這い禁止令が出ました。

初セクロスはそれから5日後のことです。

毎日僕の部屋に来るようになった佳奈。
ごはんとお風呂と寝る時以外は
ずっと僕の部屋で過ごすことに。

ちゃんと付き合ってわかったこと。
佳奈はものすごく甘えん坊でした。
僕の後をずっと追いかけてきます。

母はすぐ、僕らが付き合い始めたことに気付き、
弟の教育上よくないことはしないこと、
そして避妊はしろ、と言われました。

お母さんェ…




525 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:43:59.43 ID:+/EHNv1W0
何でもかんでもダメって言う親よりは数億倍いい母親



527 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:45:16.82 ID:BbEjoDun0
そして、やるときは1がビデオをとること。



529 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 01:46:57.93 ID:zR3569VN0
初めてのセクロスは当然のように僕の部屋。

部屋で漫画を読んでると、
後ろから抱きつく佳奈。
想像以上のかまってちゃんでした。

最初はそのままスルーして漫画を読んでました。
佳奈も後ろから僕にもたれかかったまま
一緒に漫画を読んでいたようでした。
おっぱいめっちゃ当たってます。
ていうかブラしてこいよ…

「>>1ちょっと読むの早いー!」

とか、台詞を音読してたりして
それを耳のそばで言うからくすぐったかったです。

そのうち飽きたのか、んーんー!言いながら
僕を揺すりはじめました。




530 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 01:49:39.66 ID:zR3569VN0
しょうがないなーと思いながら
漫画を置いて佳奈に向き直ると
キスしてくる佳奈。

佳奈はキス魔です。

僕は思い出しました。
よしくんが、キスするときは
舌を絡めろ、と言ったことを。




531 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 01:53:44.54 ID:zR3569VN0
性的な描写はスルーして書くつもりだったので
(佳奈は天使だからそういうことしない設定にしようかとry)
初めてのキスの感覚は端折りましたが

佳奈の唇はすごく柔らかかったです。
気持ち良くてその後ひとりで賢者になりました。

で、舌の絡め方なんて知りません。
DTですから。

そしたら、佳奈から舌を絡めてきました。

もしや…処女ではないのか…?




532 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 01:55:07.11 ID:cjZT0ZDo0
詳しく頼む



533 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 01:57:31.04 ID:zR3569VN0
舌を入れられて、僕はびっくりしました。
が、気持ちがいいのでされるがままです。

佳奈がしてくれたように、
僕も佳奈の舌を追いかけました。

すると、時折佳奈が

んっ…

とか

ふっ…うぅ…

みたいな呻き声をあげはじめました。

舌を絡めるなんとも卑猥な音と気持ちよさで
僕は頭がおかしくなりそうでした。




536 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 02:00:22.27 ID:zR3569VN0
佳奈の舌って甘いんだなぁ…
もっと前からすればよかった…

とかアホなことを考えていましたが、
段々佳奈が盛り上がってきたのか
さっきよりも激しく僕の舌を求めてきました。
口のまわりが唾液でベロベロです。

うぅ…耐えられない

僕は、佳奈を引き離し、ベッドに倒しました。




540 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 02:03:22.56 ID:O0WCsiUT0
パンツ独り立ちさせた



541 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 02:04:08.16 ID:zR3569VN0
佳奈は、僕を目をうるうるさせながら
見上げてきました。

チークも塗ってないのに、
頬が真っ赤です。

佳奈は聞こえるか聞こえないかくらいの声で

「するの…?」
と聞いてきました。




543 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 02:06:02.41 ID:nIedE6ac0
するだろ!



545 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 02:06:45.65 ID:zR3569VN0
僕も小さい声で、

「だめ…?」

と聞き返しました。
佳奈は首を横に振りながら

「だめじゃない…」

と、言いました。

「初めては、>>1がいい…」




553 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 02:12:13.62 ID:zR3569VN0
佳奈ははじめてだったのか…
僕は少し感動しながら
またキスをしました。

先ほども言ったかもしれませんが、
佳奈はノーブラです。

キスをしながら、なるべく優しく
胸に触れてみました。

佳奈は口を塞がれているので

ふっ…うっ…と短い声を出していました。

男子なら誰しもが思うでしょう。

佳奈のおっぱいが見たい。




555 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 02:13:03.34 ID:cjZT0ZDo0
見たい!!



556 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 02:13:16.36 ID:xNN+3f6L0
俺もみたい



558 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 02:14:03.36 ID:rTu9sxJ30
もみたい!!・・・あれ?



574 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 02:25:23.49 ID:zR3569VN0
佳奈の唇を遮るものは、もうありません。
僕がキスをする度、可愛い声を出しました。

あっ…

ふぇ…あん…うぅ…

だめだよぅ…

おかしくなりそう…

よしくんから教わったことがもうひとつあります。

女の言うだめ、は
もっとして、だと。




561 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 02:16:48.62 ID:WmbL8gEs0
弟「…ふぅ」



568 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 02:21:14.23 ID:zR3569VN0
キスしていた口を離して
佳奈の着ていたパーカーのジップを下げます。
Tシャツを捲り上げると、佳奈の胸が見えました。

恥ずかしい、と佳奈は僕の腕を抑えましたが、
もはや止められるわけがありません。

透き通るみたいな白い肌。
他の何にも例えようがないほど
佳奈の胸はきれいでした。

よしくんがうちに持ってきたA○の
女優とは比べ物にならないほど
きれいなピンク色の○首。

僕は佳奈がさっきしてくれたように、
それに優しくキスをしたい衝動に駆られました。




569 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 02:22:23.45 ID:X8xAPR3Z0
あーもう
あーもうそろだよ




576 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 02:29:08.68 ID:zR3569VN0
お望み通り、もっとしました。
佳奈は大変なご様子。

僕も大変です。
自分の心音が大きすぎて
佳奈に聞こえるんじゃないかと思いました。

僕はそっとパンツの上から
女の子の大切な所に触れました。

佳奈はびくっとしましたが、
今度は止めません。

パンツの上からでもわかるほど
佳奈は濡れてくれてました。




579 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 02:36:05.92 ID:zR3569VN0
パンツの中に手を忍ばせてみました。
すごく、ぬるぬるです。

男の子の大事なところからも同じようなものがでるので
これは気持ちいいってことなんだと僕は思いました。

手探りで触っていると
佳奈はさっきよりも小さく悲鳴のような声をあげていました。
ちらっと佳奈をみると、自分の指を噛んで、
声を出さないように耐えているようで
僕の右腕を掴んでいる力も徐々に強くなりました。

かわいいなあ…
そう思って右手で頭をなでました。
ぎゅっと閉じていた瞳を開け
佳奈はうるうるした目で僕を見るので
僕はたまらなくなって、またキスをしました。

どうでもいいですが、僕は左利きです。




582 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 02:40:52.88 ID:zR3569VN0
僕はまた小さな声で

「もういい、かな…」
と聞きました。

佳奈は小さく震えてるようでした。

「怖かったらやめてもいいよ?」

僕がそう言うと、佳奈は起き上がって僕を抱きしめて、

「やだ…しよ?…いやじゃなかったら…してください…」
と佳奈は言いました。




585 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 02:44:03.43 ID:BbEjoDun0
初めては好きな人としようと決意して25年 。。。



586 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 02:44:49.38 ID:X8xAPR3Z0
>>585
先輩ちーっすwww




587 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 02:45:38.93 ID:zR3569VN0
練習は裏切らないものです。
コ○ドームはうまくつけられました。
こっそり練習した甲斐があったというもの。

ここからは僕も無我夢中だったので
細かくは覚えてません。

女の子の初めては痛いと聞いていたので
なるべくゆっくり入れることにしました。

正直入れるところがわからず
苦戦しましたが、そのあたりを何度か滑らせているうち
佳奈とひとつになることができました。

ゆっくりしましたが、
佳奈は痛そうな表情をしています。




592 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 02:52:40.50 ID:zR3569VN0
僕「佳奈大丈夫…?」

佳奈「んっ…うん大丈夫w」

無理して笑うのは佳奈の悪いくせです。
皺のよった眉間を指で伸ばして

俺「痛いんでしょ、無理しないで」

佳奈「大丈夫だから…全部入った?」

俺「まだ」

佳奈「ゆっくりなら大丈夫…だと思うから

ちゃんと、入って…?」

何か変な日本語だな、と
笑いそうになりながらゆっくり入りました。

痛そうだけど、嬉しそうな
不思議な表情をしていました。




593 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 02:54:38.15 ID:kjeldt0q0
佳奈さん



595 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 02:58:20.18 ID:zR3569VN0
佳奈「全部?」

僕「うん全部」

佳奈「私変じゃない?気持ちいい?」

僕「はじめてだからわかんないよw」

佳奈「そうなんだ…うれしい」

そう言って裸で抱きしめ合って
キスをしました。

人肌って、すごく暖かいんですね。

僕「佳奈の中、すごくあったかい」

佳奈「えへへwwww」

僕「しあわせだよ」

佳奈「うん、私も」

佳奈は泣いているみたいでした。

佳奈が動いていいよ、というので
数回動いた後、初めてのセクロスが終わりました。




598 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 03:00:13.00 ID:rTu9sxJ30
>>595
ふぅ…




597 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 03:00:03.10 ID:fOSbqk0H0
うん。
素敵で綺麗な初セクロスだな。

なんか感動する。




600 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 03:02:38.74 ID:zR3569VN0
部屋は暖房をつけていましたが、
それにしても盛大に汗をかきました。

終わった後しばらく抱き合っていましたが、
佳奈が股関節が痛いというので慌てて離れましたw

シーツに血がついてしまいました (´・ω・`)
母には内緒でこっそり洗濯しました。

こういうの初めて書いたので
恥ずかしくてどきどきしてしまいました…
皆さんが望むようにかけてなかったら
申し訳ないです (´・ω・`)




625 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 03:24:17.11 ID:zR3569VN0
とりあえず見返したら
初セクロスが気持ちよくないみたいに見えたので
正直な感想を。

すんごくよかったです。
性的にも、気持ち良かったけど
なんだかこう、内側から愛しい気持ちが溢れてきて
何とも言えない幸せな気持ちよさでした。

年が明け、学校が始まり、
僕は佳奈が編んでくれたマフラーを巻き
最寄りの駅まで毎日、手を繋いで通いました。
毎日たくさん話をしながら。




637 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 04:03:13.53 ID:zR3569VN0
高校生になった>>1
通う場所は変わりませんが
校舎が変わりました。あと制服も。

初めて高校の制服を着た時は佳奈が

おおおおおおおおおおおwwwwwwwwwwwwww
みたいな変な歓声あげてました。

中高一貫組と高入生は別の校舎なのが不満でしたが
行きも帰りも一緒でしたし、お昼も一緒でした。

みんな大好きよしくんは別の高校に行きました。
佳奈の噂もしばらくするとなくなり、
少し距離はできたものの、少しずつ
人間関係が戻り始めました。

僕は国立競技場に憧れてるサッカー少年だったので
サッカー部に入りたかったのですが
前述の怪我の影響で腰椎分離症になっていたので
泣く泣く断念したのはまた別の話。




642 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 04:12:01.53 ID:zR3569VN0
僕はアコギを中3から始めていたので
今流行りのけいおん!()に入りました。
佳奈に言ったら私もやる!と言い始めたので
一緒に入ることにしました。

僕はギターがしたかったのですが、
ジョン派の佳奈がギターやりたいと言って聞かないので
ポール派の僕はベースを始めることになります。




645 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 04:16:23.07 ID:zR3569VN0
僕はギターボーカル役のバンドと、
ベース役のバンドをかけもちではじめました。
曲何やってたか、とかは現在の年齢がばれて
ネタバレにつながるので自重します。




648 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 04:26:49.24 ID:zR3569VN0
佳奈とは一緒のバンドをしてました。
僕がベースのほうのバンドですね。

まあこの話は本文には関係ないので端折ります。

サッカーを諦めてすっかり文化系になっていた僕。
黒歴史ですが、小説的なものを書くようにもなりまして、
流れで自分で作詞作曲なるものを始めました。

最初はパクリのオンパレードでしたが、
徐々に良いものができるようになり、
出来ると一番に佳奈に聞かせました。

黙って嬉しそうに聞いてくれました。




649 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 04:29:12.36 ID:39mWumv10
かなちゃんマジ健気



650 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 04:31:02.49 ID:zR3569VN0
話が飛びますが、
佳奈と付き合うようになってから
一緒に色々なところにいきました。

ベタに鼠の国とか、水族館とか。
水族館は好きでしたが、
人の集まる所が元来苦手な僕は遊園地は子供の時以来
敬遠し続けていましたが、佳奈と一緒だと
本当に楽しかった。

世界が変わったのか、と思うほど
毎日がキラキラしてしまって眩暈がしました。




651 :名も無き被検体774号+:2012/02/16(木) 04:35:15.55 ID:Dd548BcX0
何か嫌な予感する



653 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 04:42:36.69 ID:zR3569VN0
あと、今まで知らなかったんですが
どうやら佳奈は相当の人見知りでした。

家ではうるさいほど喋るのに
部活とかでは静か。

ああ、だからお姫様って言われてたのか。
今さら気付いてごめんなさいwww

佳奈はとても品があって可愛くて
一人で本を読んでいる姿とかを見ると
本当にお姫様みたいでした。

僕といるときは崩れてしまってたけど。
いつも笑顔の佳奈は天使でしたね。




697 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 13:51:54.51 ID:R2ovcD+O0
基本的に佳奈は物欲がない子でしたが、
佳奈はお揃いの指輪が欲しい、と言いました。

あれかわいー、とか、これかわいー、とか
いやお前が可愛いよ、と思いながら
指輪を選ぶ佳奈をしばらくニヤニヤしながら
眺めていました。

結局選んだのはシンプルなペアリング。
僕がシルバーで、佳奈はピンクゴールドです。




679 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 10:46:36.76 ID:/3+Ablzq0
今までスルーしてきましたが、
僕の誕生日は4月です。

毎年家族で過ごしていましたが、
この年は佳奈と一緒に出かけることにしました。
と言ってもいつも通りの制服デートです。

余談ですが、弟は僕を呼び捨てにするくせに
佳奈にはちゃん付けでたまに甘えたりするようになりました。
奴は女顔でイケメンです。
将来立派なよしくんになるでしょう。
それはまた別の話。




763 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 23:41:02.58 ID:/3+Ablzq0
僕が高1の1学期は佳奈と一緒に登校し、下校する毎日。
誕生日以外には特に大きな出来事はありませんでした。

夏休み。
僕は初めてアルバイトを始めます。
平凡に飲食店です。
不慣れなアルバイトでしたが、
自分で働いてお金をもらうということが
とても新鮮で楽しかったです。
佳奈はその間、大学受験に備えて塾通いを始めました。




768 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 23:47:46.35 ID:/3+Ablzq0
夏休みが終わって、秋。
文化祭の準備期間中に
佳奈は17歳になりました。

バイト代から残ったお金で佳奈にプレゼントを買いました。
安物のネックレスでしたがとても喜んでくれました。




770 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 23:50:00.11 ID:/3+Ablzq0
また何事もなく秋が過ぎて冬になり。
クリスマスは一緒に横浜まで遠出しました。
初めて行く場所に僕も佳奈も興奮しました。
大さん橋から桜木町の方を見ると街の光がとてもきれいでした。
将来、こんなところに2人で住みたいね、と
笑いながら佳奈が手を握ってくるので
僕も嬉しくなって、うん、とだけ短く言って
佳奈の小さな手を握り返しました。




772 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 23:50:58.35 ID:/3+Ablzq0
佳奈「ねぇ>>1」

僕「ん?」

佳奈「幸せだね」

僕「何だよ急にwww」

佳奈「こんなに幸せな毎日が過ごせるのは>>1のおかげだよ」

僕ちょっと涙ぐんでしまいました。




774 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 23:52:21.40 ID:/3+Ablzq0
佳奈「ずっと…続くかな」

僕「うん、きっと」

佳奈「今度は私が>>1を幸せにするからねw」

そう言って佳奈は繋いでいないほうの手で僕の頬に触れ、
そっとキスしてくれました。
触れるだけ、なのに雰囲気もあいまって
なぜかとても気持ちがよくて
幸せでぼーっとしてしまいました。




780 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 23:54:24.18 ID:/3+Ablzq0
佳奈「いつか、>>1とお母さんと弟くんと本当の家族になりたい…な」

僕「ふぇっ?」

ぼーっとしていた僕は変な声を出してしまいました。
間抜けに佳奈を二度見しました。




783 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 23:56:29.31 ID:/3+Ablzq0
佳奈「一緒に大人になれたら、お嫁さんにしてくれる?www」

僕「…うん。僕もそうなったら嬉しい」

高校生カップルの戯言です。大目に見てください。
某ジブリ映画の耳をすませばを見ると、
シーンは違うけど、どうしてもこの時を思い出して
今でも胸キュン(死語)してしまいます。
おかげで地味に大好きな映画です。


佳奈「>>1、無理してない?www重いこと言ってごめんwwwww」




785 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/16(木) 23:59:53.09 ID:/3+Ablzq0
僕「いやいや軽いです、はい。軽くないけどw」

佳奈「どっちですかwwwwww」

僕「そんなことより佳奈もうちょっと太れよ。
そんで胸とかをもっと、こう…」

佳奈「うわ最っ低wwww土に還ってwwwwww」

僕「さーせんwwwwwwww」

この下世話なやり取りは割とデフォです。
でも、土に還って発言をした佳奈はこの後少し涙ぐんで

佳奈「>>1、私を置いていかないでね…
先に死んだりしないでね」
と言いました。
健康に気を使おうと思いました。
2人で涙ぐんで抱き合ったりしましたが
物事を深刻に捉えて盛り上がるのも、
若さゆえということで大目に見て下さい。




786 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:01:11.75 ID:pjuadKmz0
フラグきたか



787 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/17(金) 00:01:12.25 ID:/3+Ablzq0
ちょっと休憩させてください。
すぐに戻ります。

次からの話でラストです。




792 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:02:36.15 ID:P3O5UQ3x0
健康に気をつかおうと思いました、か。



794 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/17(金) 00:04:45.44 ID:/3+Ablzq0
淡々と行きます。

年が明けて、2月上旬。

佳奈は不幸な事故でこの世を去りました。
僕には俄かに信じ難く、淡々と行われていく
佳奈の葬儀やあれこれの間にも
その事実を受け止められなかった。

涙も出ない。
全く現実感をなくしていました。

佳奈の幻を見るようにもなりました。




795 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:05:11.97 ID:K5qZeXPO0
ああああああああああああああああああああ



796 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:05:16.05 ID:WOIbaPVF0
え?



797 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/17(金) 00:05:46.37 ID:/3+Ablzq0
食事の用意をする際も、癖で4人分用意してしまいます。

お風呂のお湯を抜いておいて、という母親に
まだ佳奈が入ってないんじゃない?呼んでくる、と
言ったら号泣されました。
その時は泣かれた意味もわからなかった。




798 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:05:51.32 ID:JWvrc5H+0
超急展開



800 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:06:10.17 ID:P3O5UQ3x0
おい



802 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/17(金) 00:06:39.62 ID:/3+Ablzq0
軽いメンヘラだったかもしれませんね。

敢えて言っておきますが、
僕は統合失調症ではありませんw

どなたかのレスで山崎まさよしさんの
one more time,one more chanceという曲の
歌詞を見つけましたが、

いつでも探しているよ どっかに君の姿を
向かいのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに

まさに、この曲のままでした。
毎日、佳奈の姿を探しました。
背格好の似た女の子を見かけると追いかけて確認し、
違うとわかり落胆し、また探す。
これの繰り返しでした。




803 :ゆとり:2012/02/17(金) 00:06:40.91 ID:yqc3BJMf0
バッドエンドはやめれぇぇぇぇえ!



804 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:06:44.30 ID:9yb40cWh0
orz イヤだああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁ...



808 :1 ◆rR02wWqLE. :2012/02/17(金) 00:08:33.28 ID:g7TlmI8r0
1か月ほど経った頃でしょうか。

やっと佳奈が亡くなったことを自覚し、
それからは泣き暮らす毎日でした。

もう、佳奈は僕の部屋に来ない。
僕に抱きついてくることもない。

あれから10年経ったので、
ここに書かせて頂きました。
鬱展開嫌いな方、本当にごめんなさい




809 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:08:45.00 ID:dUkyfznG0
釣りだといってくれ・・・



810 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:09:16.46 ID:go9wDDI+0
つらかったな

頑張って書いてくれてありがとう




819 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:11:11.63 ID:zjeOePGJ0
こんなに釣りであってほしいと
思ったこともないな・・・




831 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:14:05.31 ID:BqRPtpCu0
・゜・(つД`)・゜・



840 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:14:59.09 ID:3pmc83Cr0
なぜ良スレは ラストに鬱展開ばかりなのかwww

 なぜだ・・・




864 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:20:27.50 ID:yqc3BJMf0
誰かドラゴンボール七つ集めて佳奈ちゃん生き返らせて…



881 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:26:51.20 ID:go9wDDI+0

>>1よ幸せになれよ





908 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:34:37.10 ID:3BwGLpxG0
ガチで泣いた
辛いのによく頑張った
>>1…いや、世界中の皆が幸せになれる事を祈るよ
本当にお疲れ様でした




911 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:35:51.05 ID:1E04jcfH0
人は二回死ぬ。

肉体が死んだ時。

誰もが忘れた時。

佳奈ちゃんは、こんなにも沢山の人の中に想いが残った。きっと忘れない。

いつまでも、みんなの心に生きるよな




920 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:37:34.26 ID:yqc3BJMf0
>>911
誰がいいこといえと…そのとおりだよ




973 :名も無き被検体774号+:2012/02/17(金) 00:52:20.40 ID:sLdAVve5O
願いがもしも叶うなら

今すぐ君の元へ



DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

遅くなって、すいません。
ミゼラ管理人

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/20 09:37 ] VIP | TB(0) | CM(1)

Powered by Ayapon RSS! オススメ 義援金 アメブロ自働ペタ


よっしゃーーーーーー最高だ!!!ざまあみろ。
人の幸せは一定以上、行くと上がらない。
そしてそれは突然途切れるんだ。張りすぎた糸は切れるんだよ。
だから俺は幸せをあまり消費しないように低空飛行している。
もともと人には運命というものがあり、それお前らはねじ曲げたんだ。

断言してやる。お前の不運はまだ終わってないぞ。
誰かが誰かを不幸にするように、誰かの不幸がお前にのしかかっていくだろうな。
原因はすべてお前だよ。
[ 2012/02/21 06:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dumizela.blog91.fc2.com/tb.php/607-35bee5dc