スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

よく泣く女の子の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
よく泣く女の子の話

1 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 14:55:47.24 ID:uVxRZJSH0
途中までしか書き溜めてないので、遅いと思います。
最近、区切りがついたので書こうと思います。




2 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 14:56:31.37 ID:a66iXaoA0
聞こうじゃないか



3 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 14:57:43.52 ID:etgA1F190
よかろう書きたまえ



5 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 14:58:38.80 ID:uVxRZJSH0
>>2 >>3
ありがとう。遅いとおもいますがどうか聞いてください

俺には中学校時代にとても好きな人がいた。中1の頃から好きで、中3でやっと付き合えた。中体連があったのを覚えているから、6月の、夏のはじまりだったと思う。




6 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 14:59:58.36 ID:uVxRZJSH0
彼女とは同じ部活で、3年間同じ部活だった。付き合った経緯は色々あるんだけど、ずっと仲の良い異性友達からだんだん思いがつのって好きになったって、前に彼女が言っていた。



7 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:00:08.34 ID:r40fTxwiO
~の話というのは定番化しているのですか



8 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:01:11.35 ID:uVxRZJSH0
>>7
過去を語るには丁度いいテンプレなんですよね

まあ、3年生だったから当然受験があるわけで、そんなに頻繁にはデートもできなかったし、どちらもチキンだったから喋るのも帰りのバスかメールくらいだった。




9 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:02:25.82 ID:uVxRZJSH0
それでもお互い気持ちは通じていて、熱くなり過ぎないちょうどいい温度でいた。周りからは「やっと付き合ったか」と言われるほど、もともと仲が良かったからかな。そばにいるととても安心した。



10 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:02:56.66 ID:uVxRZJSH0
付き合ってそうこうしている間に、もう3か月ほどたっていた。そんなにたったのに手すら繋いでいない。やばい!何やっているんだ!と俺にも焦りが感じられた。



11 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:03:19.81 ID:uVxRZJSH0
そこで、俺の親友のK(コアラっぽいからK)が余計なお世話をはたらいてくれた。
K「彼女さん彼女さん」
彼女「なんでござるか」
K「>>1と手とか繋ぎたくないの?キスとか。もう三か月たつんでしょ?」
彼女「うーん…」
俺「ちょっ…K!」
K「もしかしてもうキスしちゃった?ww」
俺「氏ね、K」




12 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:04:30.72 ID:uVxRZJSH0
今更だけど誤字とかあったらすいません。

俺「いや、俺がチキンだから悪いんです。ごめんね彼女さん」
K「彼女さん、どう?」

俺は、何がどう?だバーロwwとか思ったけど、Kはドヤ顔でしてやった感がはんぱなかった。彼女はこういう冷やかしに弱いタイプで、オロオロしちゃうタイプだから、こういうのはさけてたつもりだったんだけど。案の定彼女は俯いてオロオロして反応に困っていた。




14 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:05:31.77 ID:uVxRZJSH0
見てくれてる人いるのかな。需要なくても書こうとおもうけど…

俺「彼女さん、気にしないでくださいな」
彼女「いえ…私は大丈夫なんだけど…」
K「キスした?ww」

黙れK




13 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:05:11.25 ID:r40fTxwiO
なんで語りたいんですか?



15 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:06:29.36 ID:uVxRZJSH0
>>13
自分の整理をつけるためだよ

彼女「私は…>>1の隣にいられれば十分だから、あまり…その…キスとかは考えてなかったです」
俺「(゜Д゜)」
K「プギャーww >>1だけじゃんww キスしたかったのってwwww」




16 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:08:02.37 ID:uVxRZJSH0
彼女「付き合ったから、キスやえっちって。それが当たり前で順番のように決められているのって、そんなのちょっと違うと思うの。したいからする。あ、今触れたいと思ったから手をつなぐんだと思うんだよね」



18 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:08:34.68 ID:uVxRZJSH0
キスとか手をつなぐので焦っていたのは俺だけだったのか…と思ったらぐったりしてしまった。
そして同時に、俺は周りにはやし立てられるように、付き合ったなら当然まずは手を繋がなければいけないんだ、次はキスだなんだと必然的にやろうとしてしまっていた。
けど彼女のその言葉を聞いて、付き合うということが少しわかったような気がした。




20 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:11:02.11 ID:r40fTxwiO
>>15
> 自分の整理をつけるためだよ

> 彼女「私は…>>1の隣にいられれば十分だから、あまり…その…キスとかは考えてなかったです」
> 俺「(゜Д゜)」
> K「プギャーww >>1だけじゃんww キスしたかったのってwwww」


これで整理がつくのですか?不思議な方ですねなんだかwktkしますね




22 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:15:30.79 ID:uVxRZJSH0
>>20
話は長いからね。レスありがとう。

それからは二人のペースで付き合うようになった。
受験勉強と格闘しながらだったから、辛かったけどすごく楽しかった。
Kの余計なお節介が役に立ったのかと思うと、少し感謝もした。
デートは湖に行ったり、彼女が本がほしいというので本屋にいったりした。




21 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:11:45.08 ID:etgA1F190
整理つけるためてのが気になる
~の話系は切ない終わりが多いからなあ




23 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:17:59.42 ID:uVxRZJSH0
本屋にデートした時にはじめて手をつないだ。
歩いているときに手が触れ合って、自然と手を絡ませた。
俺の手汗はひどいし、ちょっと歩きづらかったけど二人とも笑っていた。




24 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:23:40.98 ID:uVxRZJSH0
それから1か月たった時。いきなり彼女が学校にこなくなった。
3日、一週間、1か月と11月になっても彼女は学校にこなくなった。

メールを送っても「大丈夫だよ」の一点張り。俺は心配になってとうとう彼女の家をたずねることにした。




25 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:30:30.50 ID:uVxRZJSH0
バスを2本乗り継いで彼女の家を訪ねた。
インターフォンを押す指を少しためらった。
心臓がドキドキしてなかなか押せない指。
凍てつく空気が痛かった。




26 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 15:32:02.32 ID:YF3QQ+CdO
初々しいな



29 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 21:14:42.01 ID:uVxRZJSH0
結局俺はインターフォンを押せなかった。
もし迷惑だったら、お節介だったらと思うとどうしても押せなかったんだ。
外から彼女の部屋を見て、ごめんと思ってそのまま近くの公園まで走った。
彼氏なのに彼女を支えてあげなくてどうするんだ。
いつの間にか悔しくて涙がでてきていた。




31 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 21:30:19.57 ID:uVxRZJSH0
1時間しただろうか。
冷たい風が吹いて、もう日も暮れた時に2人で湖に行った時のことを思い出した。
あの時俺は家族のことで悩んでいて(後でおいおい話すね)、
それを彼女に隠していた時に彼女は「お互い隠し事はなし。支えあおう」と言って悩みを聞いてくれた。
それなら今度は自分が彼女を支えてあげるばんだと思い、俺はまた彼女の家に走り出した。




32 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 21:34:36.50 ID:uVxRZJSH0
途中でコンビニに寄り、彼女の好きなグミと午後ティーを買った。
何か食べ物があれば話しやすいと、その時の俺なりの気遣いだった。
またインターフォンの前にたつ。チキンな中3の俺はまたびびって小便がでそうになっていた。(1時間外にいて体も冷えていたから?)




33 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 21:38:46.66 ID:uVxRZJSH0
だけど確実に1時間前の自分とは違う自分がいて、とうとう人差し指はインターフォンを押した。
「リリリーン」とふつうとは違う音が響いた。
変なインターフォンだなと思っていたら扉が開きお母さんらしき人が出てきた。
前にあった時と違って髪も服もぐちゃぐちゃだったから、連絡してから来なかったことを悔いた。

「あ、ゆう(俺)君?」
「はい。いきなりお邪魔してしまってすいません」




34 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 21:43:18.18 ID:uVxRZJSH0
彼女と自分だけ名前をつけることにします。

「そうね、今度から連絡お願いね。はる(彼女)に用かな?」
「はい」
「ちょっと待っててね。はるに聞いてくるね」

数分後戻ってきたお母さんに家にあげられて彼女の部屋に入った。




35 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 21:48:20.43 ID:uVxRZJSH0
久しぶりにみた彼女は結構痩せていて、元気がないように布団にはいっていた。
大丈夫か聞くと、小さい頃の喘息が再発したと言っていて、たまに乾いたような咳をしていた。
ただ熱も下がったし調子もだいぶ安定してきたから、一週間後には学校に復帰できると聞いて本当に安心した。

「ごめんね、心配かけて」

心配かけたくないならちゃんと言ってくれと言ったら
「迷惑かかると思って」と返してきたから小さく叱った。
言わないほうが心配だって




36 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 21:51:30.43 ID:uVxRZJSH0
そしたら彼女が泣きながら笑って「ありがとう」と言って。
その姿がどうしようもなく愛おしくて抱きしめた。
はやくよくなれよって言ってその日は帰った。

一週間後、無事に彼女も復帰して、その日から帰るときは必ず手をつないで帰るy峰になった。




40 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 23:28:53.74 ID:uVxRZJSH0
誤字すまない。
12月に入ると電話というものを覚え、たまに俺が夜にかけていた。

「はるさんはどこの高校に行くの?」
「ゆうの行くN高校に行きたいなって思ってるよ」
「はるさん学力足りるの?ww」
「頑張ってるもん(`;O;´)」

だけどのちに彼女はN高校ではなくS高校に行くことがきまった。




39 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 23:21:59.44 ID:YF3QQ+CdO
>>1のペースで頑張れ
聞いてるぞ




41 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 23:33:48.77 ID:uVxRZJSH0
彼女はだいぶ落ち込んでいて、彼女の親友もN高校に行くからさみしいと言っていた。
一緒に帰るときも元気がない。握っている手に力がなく、ぐったりしていた。

「ゆう、今日はこの後に何か用ある?」
「んーたいしてないよ」

そう答えると、降りるバス停でもないのに彼女は降車のボタンを押して、俺の手をひっぱて無理やりバスを降りた。




42 :名も無き被検体774号+:2012/02/24(金) 23:38:01.84 ID:uVxRZJSH0
「はる!?」
「話したい」

ポツリとつぶやいた彼女の表情は俯いていて見えなかったけれど、たぶん進路のことだろうなと思った。

「話すなら、俺の家くる?」
「外で話したい」
「寒いよ?」
「コーンポタージュ買ってくるから!お願い!」




45 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 11:46:01.01 ID:dcghgBbwO
それからコンビニで、温かいコーンポタージュとグミを買って近くの公園のブランコに行った。
彼女は喋りづらそうだったけど、手を握ったら重い口をあけてくれた。

「私、S高校に行くことになった…よね」
「知ってるよ」
「ゆうは高校になったら私と別れるの?会える回数も減るし、家も遠い。自然消滅っていう可能性が…」




46 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 11:51:23.08 ID:dcghgBbwO
やっぱり高校関係か
その事なら自分の中に区切りがついていたから、すんなり答えられたのを覚えてる。

確か、「俺は高校離れてもはるのことが好きでいられる自信があるから、大丈夫。そんなことで別れたくない」みたいなことをいった。

そうしたら握っていた手の力が強くなり、俺の手に涙がおちた。




47 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 11:56:08.84 ID:dcghgBbwO
(この時は彼女がブランコに座り、横の地面におれが座っていました)

はっとして彼女をみると泣いていた。どんどん泣き出して鼻水まで足らす始末。
急いでティッシュを渡したら、泣きながら「あ゛り゛か゛と゛う゛」って言われた。顔を一生懸命隠す感じがかわいかった。

泣くほど悩んでたんだなと思った。相談してくれたことがすごく嬉しくて、頭をなでたら赤い目でにんまり笑った。




48 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 12:02:28.16 ID:dcghgBbwO
「二組のA子とB夫くんも、高校離れたら別れるっていってたから、ヒック…私たちもかなって心配だった。別れたくないよー!」

初めて彼女から抱きついてきた、記念すべき瞬間だった。彼女の涙と鼻水で学ランは汚れたけど、寒い空気の中で、温かい彼女のぬくもりを絶対に守ろうと決めた。




49 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 12:07:06.71 ID:dcghgBbwO
それからは彼女も元気になって、「高校に入ったら沢山遊ぼうね」とか「グミもう一袋買って」とか。滑り台で鬼ごっことかしてた。

このときの自分はただ幸せだった。目の前の幸福を必死につかんでいた。




52 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 12:29:22.73 ID:dcghgBbwO
時はすぎて、入試二週間前になっていた。

俺と彼女は塾も同じで、帰るときにちょっと話すのが日課になっていた。

「明日、学校で渡したいものがあるんだ!」
「もしかしてバレンタイン?」
「そう!作ったから明日持っていくね」

そういってその日の9時半ごろに別れて帰宅した




53 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 12:43:23.24 ID:dcghgBbwO
彼女は塾が運行するバスに乗って帰っていった。
俺も別のバスに乗って帰った。
バスの中で、明日が来るのを楽しみにしていながら携帯をいじっていた。彼女と他愛のないメールをしてたら、途中で返信が帰ってこなくなった。
家についたのかな?くらいにしか思わないでいたけど、その日、彼女からメールが帰ってくることはなかった。




56 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 12:54:54.75 ID:dcghgBbwO
次の日起きたら彼女の親友から、何十件も着信が来ていた。

なんで?と思ったけど寝坊してたからいたずらだろうくらいにしか思わず学校に行った




57 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:18:20.21 ID:dcghgBbwO
学校に行くと、彼女はまだ来ていなかった。いつもは来ているはずの時間だったから、寝坊かな?と思っていた。

「佐々木くん!!」

とたん、教室に俺を呼ぶ大きな声が響いた。彼女の親友(他クラス)が顔をひきつらせた顔でたっていた。




58 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:20:24.78 ID:dcghgBbwO
彼女の親友はうちのクラスにずかずか入ってきて、俺は困惑。えっえって感じ。
そのまま呼び出されて人気のないところまで来たときに、なぜか頬にビンタくらった。




59 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:22:08.19 ID:dcghgBbwO
今思えば彼女の親友も、いっぱいいっぱいだったんだと思う。
朝の着信のこともあったから、バカな俺でも何かあったんだなくらいは察しがついていた。

彼女の親友はひとつひとつ、ぽつりぽつりと話始めた。




60 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:25:06.67 ID:Y53qSE3m0
はよはよはよはよはよ



61 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:26:24.01 ID:dcghgBbwO
昨日、彼女を乗せた塾のバスが事故にあったこと。
トラックがつっこんできて、バスは右回りにずれたこと。
彼女はバスの助手席にのっていたこと。
彼女は意識不明の状態で入院していること。
破片が顔にささったり、骨が折れていたりと、ひどい怪我をおったこと。

全てを聞いて俺は顔が青ざめた




62 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:27:59.86 ID:Y53qSE3m0
生きてるよな?それだけ答えてくれ



64 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:30:32.24 ID:dcghgBbwO
>>62
生きてはいるよ




67 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:34:17.14 ID:Y53qSE3m0
>>64
よかった…
生きては…か…なんかひっかかるけど続けろ下さい




63 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:29:51.90 ID:dcghgBbwO
彼女の親友がすすり泣いて、昨日の夜に俺に何回も電話しても俺はでなかったといった。

彼女の親友は彼女と幼馴染みで、家も近いからすぐ病院に行ったらしい。

手汗がひどい。段々呼吸も荒くなってきた俺は、そのまま1時間目もさぼって、走って家に帰った。




65 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:33:12.13 ID:Rr0brp3f0
知り合いから何十件も電話来てんのにいたずらとか思う神経が分からんw



68 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:35:00.66 ID:dcghgBbwO
>>65
彼女の親友はいたずら好きで有名で、俺も何回か被害くってたからその時は軽い気持ちだったんだ




66 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:33:25.67 ID:dcghgBbwO
ここら辺はうろ覚えなのだけど、家に帰った俺は昨日の事故について調べて調べた。彼女の家に電話してもでなかったから、仲のよい塾の先生に電話した。

彼女の入院している病院がわかったところで、バスに乗ってそこへむかった、




69 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:38:29.43 ID:dcghgBbwO
病院についた。彼女は手術も終わって救急病室(っていうのかな)菌が入らないような部屋で寝ていた。ガラスごしで、彼女には触れられないし、顔には包帯が巻かれていて表情もわからない。
たまに人工呼吸器の口につけるやつが曇ってたから、自分で息はできるのだと安心した。




70 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:42:15.12 ID:dcghgBbwO
泣いた。
わけもわからず涙が出て、嗚咽がでて。病室の中には学校の担任と、彼女の両親とおばあちゃんらしき人がいた。




74 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:53:20.20 ID:dcghgBbwO
泣いている俺に気づいた担任が俺の側にきた。

そして、彼女の目が失明したことをしった。




75 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:56:31.15 ID:dcghgBbwO
骨折はして大怪我だけど、もう峠はこしたらしい。もうすく普通の個室にうつされる。

それよりも顔の傷の方が悪くて、運悪く両目にガラスや石の破片が傷をつけたらしい。




76 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 13:59:41.47 ID:Y53qSE3m0
おい……



77 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 14:05:27.16 ID:AKopUE/kO
失明が1番つらい

腕なくなるより
足なくなるより
耳聞こえなくなるより
声だせなくなるより




79 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 15:21:31.36 ID:dcghgBbwO
彼女が目覚めるまでは長かった。
たった一日半だったけれど、病室が変わったりトラックの運転手の家族や塾長が訪ねてきて彼女の両親と話していた。
度々席をはずしていたけど、そのうち「いてもいいよ」と言われ、来客が来ても彼女の傷だらけの手を握っていた。




82 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 17:36:39.29 ID:dcghgBbwO
泣き続けて目が真っ赤に腫れて、声もガラガラになっていた。家に帰っても気が気じゃなくて、明日も病院にいくことを決心した。
長い長い夜だった。


次の日の夕方、握っていた手のひらがピクリと動いた。

ウトウトして最初は気がつかなかったけれど、「ゆうくん、いるの?」という声で完全に目がさめた




84 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 19:46:30.60 ID:s75sCwk3O
創作でしょ?


ねえ(;_;)?




87 :名も無き被検体774号+:2012/02/25(土) 21:44:52.14 ID:dcghgBbwO
遅くなってごめん。
創り話じゃないんだ。

彼女は顔に包帯をしていて、口元しか見えなかった。
弱々しくだけどはっきりとした声だった。

「ゆうくんでしょ?私の手を握っているの。いつも握ってるからすぐわかったよ」
「視界が真っ暗なんだけど、もしかして私、顔に包帯してるの?」
「何があったかわからないんだけど…体中が痛いや。受験前に何やってるんだろうね、私」
「ごめんね、母さん父さん」

枯れた声で彼女はポツポツと喋っていたけれど、俺は何も言葉がでなかった。
話している間に彼女の両親が呼んだのだろう、医者と看護師が来て、脈や心拍数をはかったりしていた。
家族だけで話があるということで俺は病院を出たけれど、安堵でため息しかでなかった。けど、すぐに不安ばかり浮かんでくる。

『視界が真っ暗なんだけど、もしかして私、顔に包帯してるの?』
何と言ったらよかったのか。そう言ったとき、まだ彼女は失明したことを知らなかったんだ。もしかしたら、今医者から告げられているかもしれない。どれだけショックを受けるだろうか。俺には計り知れなかった。




90 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 00:48:26.77 ID:GoGKmirjO
見てるよ



91 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 05:29:30.41 ID:n4kQep1+O
本当に自分のペースでしか書けなくてごめん。
見てくれてるひとありがとう。

次の日、また病院をたずねた。
病室に入ると起きているのか寝ているのかわからない彼女と、彼女の親友がいた。

「あ、はる。ゆうくんきたよ」
「本当?」
「うん。私は席外すから2人で話してたらいいよ」

そう言って親友さんが出ていって、病室に2人きりになった。

「ゆうくん、迷惑かけてごめんね」

彼女は泣いているようだった。
それからは、側によって手を握りながら、しばらく彼女と喋っていた。




92 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 05:33:51.92 ID:n4kQep1+O
「やっぱりゆうの顔みれないのはやだな。はやく顔の包帯外れないかな」

彼女はまだ自分の目が見えないことを知らなかった。

「目が見えないと本当に不自由だね。生まれつき見えない人ってこんなんなんだね」

はるも目が見えないんだよ。
そんなことは口が裂けてもいえなかった




93 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 05:38:40.81 ID:n4kQep1+O
そのうち体の怪我が治っていって、車椅子で生活するようになった彼女は前よりも元気そうに見えた。動けるからかな。
それでも顔の包帯はとれていなかった。

「ゆうくん、来てくれたの?」

いつも彼女は出会い一番にそう言う。
彼女は結局入試を受けられなかった。因みに俺は受かった。




94 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 05:45:47.22 ID:n4kQep1+O
その日はなんだか彼女の様子がおかしかった。
早口だったり沢山話したり。
今思えば動揺してたんだな。

「私、目が見えないの」
「包帯してるからでしょ?」
「違うの。包帯が外れても一生見えないんだよ」

彼女は泣いていた。涙はみえなかったけど、声と鼻水をすする音でわかった。

「薄々は気づいてた。光がまったくなかったし、目を瞑った時の感覚と全然違うから」




95 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/02/26(日) 05:50:49.88 ID:RCe6x7hd0
見てる(;w;)



98 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 09:08:08.63 ID:n4kQep1+O
「もう一生、世界をみることはできない。あの湖や黒板の文字。ゆうの顔も全部、全部」

俺もいつの間にか泣いていた。しゃくり声をあげていたかもしれない。
けどそんなの気にしないで、俺は泣いていた。

「もう一度、もう一度だけでいいから。ゆうの笑った顔が見たかったな」

ひどい運命だ。神様なんて信じない。
はるになんて言ってあげたのか、忘れてしまったけれど。たいしていい言葉はかけてあげられなかったと思う。
ただ、はるの温もりを求めるようにはるを掻き抱いた。




100 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 09:13:51.45 ID:n4kQep1+O
彼女の目が治るのなら、なんだってしようと思った。医者になろうとも思った。
前に公園で、この温もりをまもりたいと思ったのに、結局彼女は泣いている。
どうしようもない事実を憎んで、自分に悔いた。
なんでもっと色んなところに連れていってあげなかったんだ。
なんで目と目を見て話すことに、幸せを感じなかったんだ。
でも世界は知らんぷりでまわっていくわけで、消灯の時間になった。




102 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 09:27:02.35 ID:n4kQep1+O
帰りたくなかったけれど帰った。
世界がまわるのって従順だよな。悲しみにくれてても病院は閉まるし朝ってくるんだぜ。

でも俺は、これから彼女の目になることをきめていた。彼女が見えないぶん、俺がそれを伝えてあげるんだと。

家に帰ると私立の受験の結果が届いていた。おちた。

前にも書いたけど、うちの家庭はお世辞にも上手くいっているとは言えなくて、母さんはヒステリックでプライドが高い。

「私立がおちたのは、彼女さんのせいよね?」

ほかの私立と市立は受かったのに、母さんは狂ったように言った。
「落ちたなんて…近所で母さんどんな顔して歩けばいいの!」

そう言って母さんは振り上げた手を俺に向かっておろした。




103 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 09:33:09.55 ID:n4kQep1+O
まあ叩かれたわけで、もう慣れっこだったけど「落ちたのは彼女のせい」発言に、初めて親に反抗した。高校生になったら出ていくと決心した。

母さんが叫ぶのも気にしないで家を飛び出して、父方の祖父の家に転がり込んだ。




104 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 10:01:10.62 ID:01+y6MEmO
>>103
俺なら、いくら親とはいえ、さすがにキレて殴ってるかもな。

基本的に暴力は嫌いだが、筋道の通らん事はもっと嫌いだ。

ちなみに>>1よ。すまんがトリップをつけてくれないかな?
日にちが変わったらID変わるから誰だか分かりにくいんで。




105 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/26(日) 10:16:01.46 ID:n4kQep1+O
>>104
俺もガチでキレて母さんの頬をビンタした。さすがにグーはさけたけど

これでできたかな?




106 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2012/02/26(日) 16:14:58.20 ID:aKwZqs4r0
すでに悲しいじゃないか



107 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:10:53.87 ID:YLZ0ODi/O
ここの>>1、すごくしっかりしてるし男前なとこあるなw



108 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 17:16:51.42 ID:jrNMkYro0
角膜移植が出来るんじゃねえの?



111 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 19:23:34.00 ID:n4kQep1+O
遅くなった。書くね
角膜移植は角膜の働きが損なわれた場合だけだから、彼女はあてはまらなかった。角膜だけじゃない、眼球自体がもうだめだったんだ。

父さんは俺が小さいときに蒸発したって聞いたから面識がないけど、祖父には小さいときから、母さんがヒステリックになるたびに厄介になっていた。(祖母は死んでる)
じいちゃんは俺の事を「隆一」と呼ぶ。隆一は父さんの名前だ。何故かはよくわからん。ぼけてはないと思う。




112 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 19:32:32.97 ID:n4kQep1+O
家に帰らなくなって数日たったある夜に、彼女から電話があった。因みに春休み時期。

「もしもし?」
「ゆう?はるだよ。看護師さんに無理言って電話しちゃった」

枯れている声だった。また泣いたんだろうくらいは察しがついた。
「何で泣いてたの?怖くなった?」
「わかっちゃった?ゆうには隠し事できないな~」

一生懸命話をもりあげようとする気遣いが電話ごしなのに嫌でも伝わってきた。
何かあったんだなと思った。




113 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/26(日) 19:35:49.63 ID:n4kQep1+O
「隠し事をするのはいいけど、それがはるの重荷になっているなら話してほしいな」

そう言うと、ぽつりぽつりと話はじめた彼女の言葉に俺は母親と絶縁することになる。




114 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/26(日) 19:58:39.22 ID:n4kQep1+O
その日の夕方、俺の母さんが彼女の病室に怒鳴り込みにいったらしい。
「お前のせいでゆうは私立におちたんだ」「お前のおかげでゆうが家に帰ってこない」「巻き込むな、別れろ」「シネ」

看護師や彼女の両親で取り押さえて返したらしいけれど、彼女は別れようといってきた




118 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 20:12:46.60 ID:rQBjrTkj0
ものすごく悲しい結末が予想できるんだがそうではないよね・・?



119 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/26(日) 21:06:42.71 ID:n4kQep1+O
俺は絶対別れない覚悟だったし、小さい頃から苦しめられた母親と彼女のどちらかなんて、秤にかけるまでもなかった。

「でも、ゆうの負担になってるのは私いやだよ」

負担どころか、大好きなのに。なかなか彼女には伝わってくれなかった。
結局別れることになった。




122 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/26(日) 21:39:40.89 ID:n4kQep1+O
トリップつけるのちょくちょく忘れる、年かな。

別れてからは俺は怒った。怒って怒ってしばらくは、からだの中がからっぽだった。母親とはもちろん絶縁した。小さい頃から苦しめてきた母親に未練も何もなかった。

彼女の見舞いにいかないまま数ヶ月がすぎて、高校にもなれてきた頃。部活も入らなかった俺は死に物狂いで勉強して働いた。
祖父には本当にお世話になったと思っている。
そして高校卒業の日、俺はある決心をして彼女の家の前にたった。




126 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/26(日) 22:52:12.84 ID:n4kQep1+O
前はためらったインターフォンもすんなり押せた。今回は時前に連絡はしていたから、堂々と訪ねられた。数秒して扉が開く。お母さんが出た。おめかし用の化粧をしていた。

「久しぶりね、ゆうくん。さああがって!」

お母さんは思ったよりも明るく、よくしてくれて俺の心は少し軽くなった。

「ゆうくん」

ソファに、眼帯をした数年ぶりに見る彼女が座っていた。




127 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/26(日) 22:57:08.73 ID:n4kQep1+O
俺の母親があんな事をしたのに、まるでそんなものはなかったかのように彼女の両親は俺によくしてくれた。
ただ彼女は困惑しているようで、手をもじもじさせていた。

「今日はお話があって来ました」
そう切り出すと場が少し凍りついた。

「あの時の僕は…頼りなくて無力でした。はるさんの涙もぬぐえなかった。けれど今日、僕は高校を卒業し、大人と認められました」




128 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/26(日) 23:03:12.58 ID:n4kQep1+O
「僕はあの時、はるさんと別れた時からずっとここに来るつもりでした」

はるさんと婚約するために。そう言った瞬間に、それまで一言も喋らなかった彼女のお父さんが「ばかやろう」と小さく呟いた。

「あれだけはるの支えになってくれたゆうくんには悪いが、高校卒業したてなんて、俺たちから見ればまだまだ青二才だ。そんなやつに今のはるを任せきれると思うか」




129 :名も無き被検体774号+:2012/02/26(日) 23:49:15.81 ID:Cvk73Y/L0
お父さん…



130 :名も無き被検体774号+:2012/02/27(月) 00:41:15.50 ID:2uLanccoO
あーもう涙がー



131 :名も無き被検体774号+:2012/02/27(月) 01:09:06.43 ID:6wbBI40B0
追いついた…悲しい…



133 :名も無き被検体774号+:2012/02/27(月) 02:02:26.25 ID:6mwrHl/gO
大人じゃなくても、立派な社会人だよ



137 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/27(月) 11:35:17.88 ID:7fEpv+2SO
確かにお父さんの言う通りだった。

「確かに今のままの僕なら無理です。だけど僕はこれから〇〇大学に進みます。医学部です。だから…もしはるさんの気持ちが変わっていなければ、大学卒業と同時に式をあげたいんです」

はるはいつの間にか泣いていた。そして俺と二人きりで話したいと言った。

はるの部屋は何も変わっていなかった。目が見えないから家具とかにはもう気をかけられないんだろう。三年前のままの配置と香りがそこにはあった。

二人きりになった俺たちは最初は無言だった。




138 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/27(月) 11:45:42.40 ID:7fEpv+2SO

「はるさん」
「…なんでござるか」
「まだ僕のこと、好きですか?」
そう言うと、彼女は首をたてに降った。正直ものすごく安心した。今まで話していたのは、はるがまだ俺の事を好きでいてくれている事が前提だったから。

「さっきの話…私は…嬉しかったよ」

けど、と彼女は続けた。

「ゆうの重荷になるのは嫌だよ」
「重荷なんかじゃない!はるがいない三年間、俺はずっとからっぽだった。はるの事が好きだったから、1日だって忘れたことはなかった。目が見えないなんてそんなの関係ない!はるははるだろ?中身が変わったわけじゃないじゃないか。俺は今でもはるの事が、好きなんだよ…」

うろ覚えだけど、懸命に伝えた。はるの眼帯ごしの目を見て話した。少しでも俺の気持ちが伝わるように。必死だった。




139 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/27(月) 12:01:00.33 ID:7fEpv+2SO
彼女が手探りで僕の手を握った。これが答えだと思った。

手を繋いだまま、彼女の両親のところに行って今度は彼女と一緒になって言った。俺の母親のことも土下座をして謝った。

「いいんじゃないかしら、私は賛成よ」

彼女のお母さんがにっこり笑った時に、俺は涙を流していた。

「だって、はるだっていつかは結婚するわ。それだったらゆうくんに貰ってもらったほうが、私達だって安心じゃない?それに2人の中を割くなんて、私にはできない」

お父さんは唸っていたが、最後にはわかった。と言って俺を抱き締めてくれた。
温かかった。なんて温もりなんだろう。父さんが生きていたらこんな大きな温もりがあったのだろうかと泣いた。




140 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/27(月) 12:04:22.94 ID:7fEpv+2SO
と、いうわけで。
今年大学を卒業する俺と彼女はこの前に、籍をいれました。

指輪は、彼女がシンプルで指が細く見えるやつがいいと言ったので、それに近いやつを買いました。
結婚したら、彼女の家に厄介になろうと思ってます。

ここまで聞いてくれてありがとう。




142 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2012/02/27(月) 12:14:56.98 ID:x46AR5c40
医者になるのか?
研修期間はいろいろな病院に行かされるらしいが
二人の時間はちゃんと確保できているのだろうか?




143 :名も無き被検体774号+:2012/02/27(月) 12:34:38.89 ID:qBv4C4Da0
乙!

医者にはなるまでもなってからも大変だと思うけどしっかり二人の時間作って幸せになってくれ




148 :名も無き被検体774号+:2012/02/27(月) 14:13:57.58 ID:mgYkJnIC0
目はなんとか見えるようにはなるの?



150 :>>1 ◆/9fvbHsDSkxm :2012/02/27(月) 16:21:25.31 ID:7fEpv+2SO

>>142
そうだよ。研修期間だけは彼女にも我慢してもらっている。でもやっぱり彼女といる時が幸せだから、できるだけやること終わらせて一緒にいてるよ

>>143
ありがとう!
幸せになるし、彼女のことを精一杯幸せにしてやんよ

>>148
医療が発展したとしても難しいんだ…。グロいから描写はおさえたけれど、眼球と視神経がやられてるからね。




144 :名も無き被検体774号+:2012/02/27(月) 12:40:29.77 ID:6wcFO2fK0
>>1かっこよすぎるよ!
応援してるよ!!




145 :名も無き被検体774号+:2012/02/27(月) 13:24:32.39 ID:TTdPYaVhO
絶対に>>1がいれば幸せになれるよ!



146 :名も無き被検体774号+:2012/02/27(月) 13:30:11.67 ID:NNaepkGpO
>>1かっこいい!
人も捨てたものじゃないなーって思えた
ありがとう
奥さんとお幸せに!!



DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/28 09:56 ] VIP | TB(0) | CM(0)

Powered by Ayapon RSS! オススメ 義援金 アメブロ自働ペタ


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dumizela.blog91.fc2.com/tb.php/618-39049311